金策方法

借りやすいカードローンの特徴は?審査が厳しい金融機関で借りるコツ

手軽にお金を借りることができるカードローンですが、利用するには審査を受けなくてはいけません。

大手企業に勤めていて、安定した収入があるなら審査はそれほど厳しくないのですが、中小企業勤めや非正規雇用の方にとっては、審査の壁は意外と高く悩ましい問題でもあります。

このため、審査を受けるにしても、少しでも借りやすいカードローンを選びたいところです。

でも、どんなカードローンが借りやすいのか、自分で判断できないという人も多いかと思いますので、ここでは借りやすいカードローンの特徴についてご紹介していきます。

このページで分かること

カードローンは金融機関ごとに審査の厳しさが違います

一般的に銀行は審査が厳しく、次に大手消費者金融、そして中小の消費者金融という順で審査の通過率が上がっていきます。

ステータスが低くて審査落ちが心配だという場合には、中小の消費者金融がおすすめです。

中小の消費者金融は知名度も低く利用するのが不安だという人は、融資希望額をできるだけ低くしたり、即日融資をしている金融機関を選んだりして、より借りやすい環境を整えた上で、銀行や大手消費者金融の審査を受けてみましょう。

借りやすいカードローンの特徴

カードローンに審査があるのは、貸したお金を返せない人に融資をしないようにするためです。

でも、100%返済できるという人はいませんので、金融機関はそれぞれにどこかでリスクを取って融資を行っています

このとき、どこまでリスクを取るのかによって、借りやすさに違いがでてきます。

一般的に借りやすいカードローンの特徴として挙げられるのは次の2点です。

  • 金利が高い
  • 金融機関の規模が小さい

これだけでは、まだよく分からないかと思いますので、それぞれについて借りやすくなる理由を詳しく見ていきましょう。

金利が高い

カードローンは金利が高くなればなるほど、審査に通りやすくなる傾向にあります。

金利を高くすることで、より多くの利息を得ることができるため、低金利のカードローンよりも、返済できない人が出たときの損失を防ぐことができるためです。

仮に100万円を返済期間3年で10人に貸したとします。

利息合計(金利年5%):789,340円(78,934円×10人)
利息合計(金利年14.5%):2,116,950円(211,695円×10人)

金利年5%で貸したときの利息は約80万円ですので、80万円までしか貸し倒れに耐えられません。

ところが金利が年14.5%の場合は約212万円の利息がありますので、212万円まで貸し倒れがあっても耐えられます(実際にはもっと細かい計算を行います)。

高金利で融資をすると利息が大きくなるので、低金利のカードローンでは融資を躊躇するような人にも、思い切って融資可能となります。

このような理由で、金利の高いカードローンは「借りやすい」となるわけです。

金融機関の規模が小さい

金融機関の規模によっても、カードローンの借りやすさが変わってきます。

最も借りにくいのが銀行で、その次に大手消費者金融があり、比較的借りやすいのが中小の消費者金融です。

これは、多くの人が、安心できるところから借りようとする傾向にあるためです。

銀行はクリーンなイメージがありますので、カードローンの申し込みが自然と集まります。

大手消費者金融もテレビCMなどで宣伝をしていますので、最近では利用するのに抵抗がある人も減っています。

そうなると、知名度の低い中小の消費者金融は銀行や大手消費者金融が融資を断るような人をターゲットにするしかなくなります。

お金を貸さないことには収益を得られませんので、中小の消費者金融の中には、いわゆるブラックリストに載っている人にも融資を行うところもあります

自分のステータスがあまり高くないという自覚がある場合には、中小の消費者金融のカードローンを利用しましょう。

審査が厳しいカードローンを借りるためのコツ

中小消費者金融のカードローンが借りやすいとはいえ、聞いたことのないような金融機関からお金を借りるのは不安だという人も多いかと思います。

そういう人はできれば、大手金融機関を利用したいところですよね。

そんな人のために、ここでは審査が厳しい大手金融機関のカードローンを借りるためのコツをご紹介していきます。

必要な金額だけ借りるようにする

お金を借りるときに、10万円を借りるのと100万円を借りるのとでは、返済しやすいのは明らかに前者ですよね。

金融機関にしてみても同じことで、高額な融資は回収できないリスクが高まりますが、借入金額が少なければ貸し倒れリスクが下がるため、審査に通りやすくなります。

どうせ借りるならといって、本当に必要な額よりも余裕を持って多めに借りようとする人がいますが、それが審査落ちの原因になることもあります

20万円必要なら20万円だけ借りるようにして、金融機関が貸しやすい状態にして審査を受けましょう。

即日融資に対応している金融機関を選ぶ

審査に時間がかかる金融機関ほど審査が厳しくなります。

このため、ステータスが低い人が大手から借りたい場合には、審査時間の短い金融機関を選ぶようにしましょう

でも審査時間というのは教えてもらえないこともあります。

そういうときは「即日融資可」となっている金融機関で審査を受けましょう。

即日融資ができるということは、審査が短時間で終わるということを意味します。

もちろん審査が甘いわけではありませんが、審査時間が長い金融機関よりは借りやすくなりますので、ひとつの目安として覚えておきましょう。

勤続年数をできるだけ長くしてから申込みをする

審査では様々な項目をチェックされますが、その中でも勤続年数が重視されます

勤続年数が長い人ほど会社を辞めない傾向にあるためです。

会社を辞めないということは、現在の収入がしばらくは続くということを意味しますので、返済困難になりにくいためです。

そういう意味では、転職などで新しい会社に入社したばかりですと、審査落ちする可能性がとても高くなります。

転職をする予定があるなら、転職前にカードローン審査を受けるようにしましょう。

すでに新しい職場に変わっているなら、少なくとも6ヶ月以上の勤続年数にしてから申し込んでください。

段階的に借りやすい金融機関の審査を受けよう

自分のステータスが低いと分かっているなら、最初から中小の消費者金融で少額な借入れをするという選択肢もありますが、それでは高金利でお金を借りることになってしまいます。

もし、急いでお金を必要とするのでなければ、借りにくいところから段階的にハードルを下げて審査を受けましょう

短期間で審査に申し込みできるのは3社までで、それ以上は申し込みブラックという状態になってしまうため、どこも融資をしてくれません。

このため審査を受けるときには次のような順番で申込みを行いましょう。

  1. 銀行のカードローン
  2. 大手消費者金融のカードローン
  3. 中小消費者金融のカードローン

ポイントは1社の審査が終わってから次の審査を受けるということです。

急いでいるときは、一気に申し込みをしたくなりますが、それも審査落ちの原因になります。

すぐにお金を借りたいのであれば、自分のステータスに合わせて、大手消費者金融か中小消費者金融を利用しましょう。

そのときには、このページでご紹介した方法を意識して申し込みしましょう。