女性の金策

チャットレディは稼げる?稼ぐ人は絶対やってる3つのコツと始める方法

国による働き方改革の影響もあって、最近は残業をさせてくれない職場が増えてきました

それによってプライベートな時間は増えているのに、残業ができないから給料も少なくて遊ぶに遊べないという人がたくさんいます。

そういう人たちに注目されているのがチャットレディというお仕事です。

スマホやパソコンのカメラを使ってチャットするだけでお金を稼ぐことができるため、帰宅後の暇つぶしにもなるということで、チャットレディを始めるという女性が増えています。

でも気になるのは「本当に稼げる?」ということですよね。

ここではチャットレディのお仕事が気になる人のために、チャットレディの実態と稼ぐためのポイントを分かりやすく解説していきます。

このページで分かること

チャットレディはスマホやパソコンのカメラを使って、男性とチャットするだけで時給3,000円以上稼ぐことができるお仕事です。

ただし、安定して稼ぐためにはノウハウが必要で、待機時間は1円にもならないため、多くの女性が稼げなくて辞めています。

それでも月収がOLとしての給料の倍以上になる人もいます。

稼ぐために努力をして、自分磨きに投資をすることで、安定して毎月10万〜15万円くらいは稼げるようになります。

始める前に知っておくべきチャットレディの基本

それではまず、チャットレディがどのようなお仕事で、本当に稼ぐことができるのかについてご紹介します。

チャットレディのお仕事内容

チャットレディのお仕事は、その名前のとおりチャットをすることです。

相手は男性で、スマホやパソコンについているカメラを使ってチャットを行います。

「チャット」というとイメージしにくいかもしれませんので、男性とテレビ電話をするお仕事だと考えてください。

チャットをするにしても相手がいないとできませんので、チャットレディはライブチャットサイトに登録して働きます

もちろん登録しただけで給料をもらえるのではなく、チャットした時間に応じて給料が支払われます。

チャットレディは「ノンアダルト」と「アダルト」の2種類のお仕事に分かれます。

アダルトは服を脱いだり、性的な演出を行ったりするため時給が高く、反対にノンアダルトは服を脱ぐようなこともないかわりに時給も低めに設定されています。

ちなみにチャットレディのお仕事では、顔出しをしなくてもいいライブチャットサイトがほとんどです。

このため身バレしたくないという女性でも利用できますが、顔出しをする人ほどお客さんが付きやすいので、どれくらい稼ぎたいかによって決めるようにしましょう。

チャットレディは通勤型と在宅型の2種類がある

チャットレディのお仕事は通勤型在宅型の2種類があります。

ほとんどの人は在宅型を選びますが、自宅に通信できる環境がない人や、部屋が散らかっているという人は通勤型を選びます。

通勤型の場合は、事務所に通勤してチャットを行います。

冷暖房完備で休憩室やシャワールームなども完備されていて、とても快適な環境でチャットができますが、それだけ時給が低くなる傾向にあります

一般的には在宅型よりも時給が20%低くなります。

ただし、通勤型ならチャットレディのノウハウを学ぶことができます。稼ぐためのアドバイスをしてもらえますので、チャットレディとしてのスキルも上がりやすいというメリットがあります。初めてのチャットレディでなかなか稼げない場合には、通勤型も検討してみましょう。

チャットレディを始めるための流れ

  1. 募集ページから仮登録
  2. 送られてきたメールに記載のURLをクリックして登録完了

在宅型のチャットレディを始めるための手順は、たった2つしかありません。

注意したいのは仮登録に身分証明書が必要だということです。

ライブチャットサイトは18歳以上でないと働くことができませんので、年齢確認のために身分証明書は必須となっています。

通勤型の場合は事務所に所属することになりますので、簡単な面接があります。

30代までなら面接で落ちることはほとんどありません。

契約内容などを確認する場だと考えて、できるだけ自然体で受け答えをしましょう。

チャットレディはどれくらい稼げる?

 

チャットレディは実働時間しか労働時間になりませんので、チャットをしている間の時間に給料が発生します。

このときの給料はノンアダルトかアダルトかによって変わりますが、相場としては下記のようになります。

ノンアダルト:3,000〜4,000円
アダルト:4,000〜7,000円

チャットレディの平均収入はノンアダルトで10万〜15万円くらいです。

これは専業でおこなったときの金額で、本業とするにはやや不足ですよね。

もちろん売れっ子になれば、1ヶ月に50万円以上稼ぐような人もいますが、むしろ初心者は10万円も稼げればいいほうです。

ただし、チャットレディはOLなどの本業がある人でも稼ぎやすい仕事でもあります。

チャットレディで稼ぎやすいのが21時〜2時の夜間ですので、仕事が終わって帰宅してからチャットレディをするのが効率よく、副業でも専業と変わらないくらい稼いでいる人もいます。

チャットレディで継続して1日1万円稼ぐ3つのコツ

チャットレディは、チャットが始まらないことには稼ぐことができません。

このため、安定して稼げるようになるには、集客するためのコツを知っておく必要があります。

そのコツはいくつもありますが、その中でも重要なものを3つご紹介します。

  • すっぴん風メイクを心がける
  • キャラクターを作り上げてプロフィールを埋める
  • 仕事であることを意識する

こんなことで本当に稼げる?と思うかもしれませんが、こんな簡単なことでもきちんと出来ているチャットレディは少数派です。

それぞれのコツについて、もう少し詳しく説明します。

すっぴん風メイクを心がける

チャットレディで重要なのは見た目です。

でも自分の顔を変えることはできませんので、メイクによって男性好みになるようにしましょう。

ライブチャットサイトを利用する男性の多くが、ナチュラルな雰囲気の女性を好みます

でもメイクをナチュラルにすると、いろいろと隠しきれませんよね。

ですので、すっぴん風メイクを心がけましょう。

素朴な感じを出しつつも、しっかりとメイクをする高等テクニックですが、男性ウケしやすいのでマスターしておきましょう。

キャラクターを作り上げてプロフィールを埋める

ライブチャットサイトのプロフィールはすべて埋めるようにしましょう。

男性はプロフィールを見て相手を選びますので、ここが充実していないとどうにもなりません。

でも、ありのままの自分を出す必要はありません。

チャットレディは時として演じることも必要です。

普段の自分ではなく、理想の自分でも構いません。

とにかく、惹きつけることのできるプロフィールを目指して、チャットレディとしての自分のキャラクターを作り上げましょう。

仕事であることを意識する

稼げる人と稼げない人の最大の違いは、プロ意識があるかどうかという点です。

楽して稼げる仕事かもしれませんが、その姿勢では稼ぐことはできません。

待機中にスマホを眺めているのはNGですし、部屋が散らかっているなんていうのももってのほかです。

チャットレディは男性の癒やしとなりお金を稼ぐ仕事です。

喜んでもらうために、自分を作り込むことも必要ですし、相手が何を望んでいるのかを汲み取って、会話に結びつけるという能力も求められます。

そのためには、普段からしっかりと情報収集をして、話題をたくさん持っておくことも重要です。

きちんとした仕事であることを意識して、相手の記憶に残るような楽しい時間を提供できるように心がけましょう。

それだけで他の人との差別化ができ、リピーターも増えますので、安定して稼げるようになります。

まとめ:チャットレディで稼げるかどうかは努力次第

チャットレディはノンアダルトでも時給4,000円近く稼ぐことができます

ただし、稼働していないときには1円にもなりません。

このため、いかにして呼び込むことができるかのノウハウがとても重要になってきますので、いきなり始めるのが不安だという人は通勤型のチャットレディで基本を学ぶという方法も検討しましょう。

稼げるようになるには、プロ意識がとても重要になってきます。

遊び気分で楽して稼ごうという感覚ですと、いつまで経っても稼げるようにはなりません。

理想の自分を演じたり、男性ウケするメイクやファッションを心がけたりして、稼げるチャットレディを目指しましょう。