女性の金策

キャバクラの体験入店は稼げるけど…水商売界で嫌われる体入荒らしとは?

給料日前でほとんどお金がないというときに、お金を借りるという方法もありますが、借りたら返さなくてはいけません。

借りたお金を返したら、また翌月もお金が足りなくなります。そんなループから抜け出すには「稼ぐ」のが1番です。

でも時給1,000円くらいのアルバイトをしたところで、大した額になりませんし、何よりも自由な時間がなくなってしまいます。

しかも給料日までお金はもらえません

もっと短時間で稼げて、即日お金を手にしたいという人におすすめなのが、キャバクラなどの体験入店です。

体験なんかで本当に稼げる?と思うかもしれませんが、1回の体験入店で1万円以上稼ぐことができます

そう聞くとちょっと気になりますよね。

ここではそんな水商売の体験入店で稼ぐ方法について分かりやすくご紹介していきます。

このページで分かること

キャバクラなどの水商売ではお店の雰囲気や働き方を知ってもらうために、体験入店を行っています。

この体験入店は給料も出るため、3時間程度で1万〜1.5万円も稼ぐことができます

ただし、体験入店をするには面接を通過しなくてはいけません。

また、体験入店を繰り返すことを体入荒らしと呼び、業界ではかなり嫌われる存在になってしまいます。

ブラックリスト入りして、どのお店でも体験入店できなくなることもありますので、体験入店で稼ぐのは、本当にお金に困ったときだけにしましょう。

体験入店でお金を稼ぐ方法

キャバクラやガールズバーのお店の多くが、いきなり働き始めるのではなく、お店の雰囲気や仕事の内容などを知ってもらうために体験入店を行っています。

もちろん、未経験者でも歓迎してもらえますので、これまで水商売にまったく縁のなかった人でも、気楽に体験できます。

体験なんかで稼げる?と疑問に思うかもしれませんが、体験とはいえお客さんについてお仕事をしますので、きちんと給料をもらえます。

このため、本格的に水商売で働くのではなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎで体験入店を利用している人もいます。

体験入店の時給は3,000〜5,000円で日払い

体験入店をするうえで気になるのは、いくら稼げるかということですよね。

時給はお店によって違いますが、相場は3,000〜5,000円くらいになります。

仕事の時間は3時間程度ですので、1回の体験入店で1万〜1.5万円稼ぐことができます。

会社に行って1日働いてもそれくらいにしかならないのに、3時間接客をしただけで1万円以上になります。

しかも即日現金払いですので、お店を出るときにはお財布の中が1万円以上増えているわけです。

かなり効率がいい働き方ですよね。

もちろん、必ずしもそのお店で働かなくてはいけないわけではありません。

自分に合わないという理由で、そこで終わりにしてもいいわけです。

後腐れなく、しかも手っ取り早くお金を稼ぐことができるので、体験入店を繰り返して稼いでいる人も珍しくありません。

体験入店の流れ

  1. 条件のいいお店を探して応募
  2. お店の担当者による面接
  3. 体験入店
  4. 給料の支払い

体験入店の流れは普通のアルバイトと変わりません。

体験入店を募集しているお店の中から、条件のいいお店を見つけて応募します。

募集中のお店を一括検索できるサイトなどもありますので、それらを活用してアクセスしやすいお店を探しましょう。

応募したら、都合のいいタイミングで面接を受けます。

面接では容姿や服装、髪型などをチェックされます。

ポイントは男ウケする容姿やファッションをしているかという点です。

会社の面接のようにスーツで行くのではなく、自分を商品だと考えて魅せることを意識しましょう。

面接ではもちろん、接客に向いているかどうかもチェックされます。

基本的には正直に答えればいいのですが、笑顔で丁寧に答えることが大切です。

「この人なら信頼できる」と思ってもらえれば、面接は問題なく通過できます。

面接が終わるとそのまま体験入店になるか、もしくは日をあらためての体験入店となります。

実際にお客さんにつく前に、基本的なレクチャーを受けることになります。

最初は覚えることがいっぱいで追いつかないかもしれませんが、最初は誰でも同じことですので、優しく対応してもらえます。

1日のお仕事が終わったら、その日の給料が支払われて完了です。

ここで本入(本入店)について話がありますが、そのお店で継続して働くつもりがないなら「検討させてください」と伝えて切り上げてきましょう。

体験入店で稼ぐためのポイント

  • 健全なお店であることを確認しておく
  • 終電で帰れなくても困らない場所を選ぶ
  • 体入荒らしにならない程度に稼ぐ

体験入店は短時間でしっかり稼ぐことができますが、デメリットがまったくないわけではありません。

安全にしっかり稼ぐには上記の3点を意識して働くようにしましょう。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

健全なお店であることを確認しておく

体験入店をするお店については、必ず下調べをしておきましょう

調べずに面接を受けたら、キャバクラではなく風俗店に誘導されたなんてこともあります。

自分でお店について調べるのが難しい場合には、キャバクラの求人サイトや体験入店募集サイトを利用して応募しましょう。

選ぶときの基準としては、そのまま本入なっても構わないと思えるお店であることです。

実際に本入しないにしても、面接時に「なぜ当店で働きたいと思いましたか?」と聞かれますので、体入とはいえそのお店を選んだ理由を答えられるくらいには、お店について調べておきましょう。

終電で帰れなくても困らない場所を選ぶ

キャバクラには終電上がりOKで募集しているお店もありますが、実際には終電上がり希望の人は、体験入店までいくこともなく面接で落ちてしまうことがほとんどです。

このため、基本的には終電で帰れなくても問題のない場所にあるお店を選びましょう

徒歩圏内にあるお店での体験入店は知り合いに会う可能性もありますので、避けたいところですが、タクシーで帰るにしてもあまりにも高くつくようでは、せっかく稼いだお金が無駄になってしまいます。

タクシー代がそれほどかからない場所にあるお店か、朝まで過ごせる場所が近くにあるお店を選びましょう。

体入荒らしにならない程度に稼ぐ

体験入店だけを繰り返して稼いでいる人のことを、この業界では「体入荒らし」と呼びます。

お店は本入を前提に面接を行いますし、仕事を教えます。

そして、そのお店で働いてもらいたいと思うから、お店は損をしてでも体験入店でも高い給料を払います。

それを逆手に取って体験入店を繰り返していると、その情報が他のお店にも伝わってしまい、どのお店でも門前払いされるようになります。

水商売のお店は、思った以上に横のつながりがあり、体験入店を繰り返している人は共通のブラックリストに載ってしまいます

2〜3回程度の体験入店なら問題ありませんが、それをアルバイトのように繰り返すのは避けておきましょう。

いざ本気で水商売で働こうと思ったときに、思わぬ障壁になってしまうこともありますので、体験入店で稼ぐのは程々にしておきましょう。

まとめ:体験入店は手っ取り早く稼げるけど繰り返さないこと

体験入店は最短で当日中に1万〜1.5万円稼ぐことができます。

ただし、誰でもできるわけではなく、面接を通らない場合には体験入店をすることもできません

また、体験入店は本入店するかどうかをお互いが見極めるための場でもあるため、アルバイト感覚での利用は基本的にはNGです。

2〜3回程度なら問題ありませんが、それ以上の店舗で体験入店をすると、体入荒らしとしてブラックリスト入りする可能性があります。

体験入店で稼ぎ続けたいのであれば、地域を分散するなどして、あちこちで体験入店していることをバレないための工夫が必要になります。

それでも水商売は狭い世界で、噂が広がっていくのはあっという間です。

何度も繰り返してできる稼ぎ方ではありませんので、その点だけ注意して稼ぐようにしましょう。