女性の金策

パパ活で稼ぐ方法|料金相場や荒稼ぎのOL・女子大生が実践していること

OLやアルバイトはどれだけ頑張っても稼げる額に限界がありますが、欲しい服や化粧品はガマンしたくない。

あれもこれも全力で楽しみたい、そんな女性に人気の稼ぎ方として注目されているのがパパ活です。

援助してくれる男性を探して、食事やデートをすることでお小遣いをもらうパパ活。

興味はあるけど、危険な目にあったらどうしようと思って、はじめの一歩を踏み出せない女性も多いかと思います。

ここではそんな女性のために、パパ活の基礎知識や安全に稼ぐコツをご紹介していきます。

このページで分かること

パパ活は、寂しい男性の心のスキマを埋めることでお金を稼ぎます。

人によっては体の関係まで進むこともありますが、ほとんどのケースでデートや一緒に食事をするだけでお金をもらうことができます。

稼ぐためのポイントは、パパ活で出会った男性に楽しんでもらうことにあります。

「また会いたいな」と思ってもらうことで、リピートをしてもらえ安定して稼げるようになります。

ただし、リスクもある稼ぎ方ですので、自分を守るための対策もしっかりしておく必要があります。

安全にパパ活で稼ぐために知っておくべき基礎知識

パパ活と聞くと、昔の援助交際を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、パパ活と援助交際は違います

援助交際は体の関係がありますが、パパ活ではそれがありません。

体を求められないのに稼げるの?と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、世の中には一緒に食事をするだけで、お小遣いをくれる男性は意外とたくさんいます。

実際にレンタル彼女というようなビジネスが成立するほど、世の中の男性は女性と過ごすだけの時間を求めています。もちろん危険性がゼロなわけではありません。

男性側がパパ活と援助交際を混同しているケースもあります。

とはいえ、きちんとしたパパ活の知識を身に着けて、リスク管理も行っていれば、大きなトラブルになることなく稼ぐことができます。

このため、まずここではパパ活で稼ぐための基礎知識についてご紹介していきます。

パパ活は1回で1万〜2万円稼げる

パパ活は体の関係がありませんので、援助交際ほどは稼げません。

それえも一緒に食事をしたり、デートをしたりするだけで1万〜2万円は稼げます。

1回で2〜3時間が相場ですので、時給3,000〜1万円程度と思えば、かなり割のいい仕事です。

初回顔合わせ:5,000円〜
2回目以降:10,000円〜

これからパパ活を始める場合には、これくらいを目安にしてください。

少し安いなと感じるかもしれませんが、ここがスタート地点です。

自分のスキルが上がってきて、たくさんのパパから誘われるようになったら、徐々に上げていきましょう。

月極固定で1人から10万円以上もらっている人もいれば、1回のパパ活で3万円が最低ラインだという人もいます。

ただ、いきなりそのレベルになるのは簡単ではありません。

まずはパパ活の研修期間だと思って、上記の金額から始めましょう。

パパ活アプリ・パパ活サイトを使って始めよう

パパ活を始めるには、まずはパパになってくれる人を探すことから始めなくてはいけません。

とはいえ、街でいきなり声を掛けるというわけにはいきません。

これからパパ活をするというのであれば、パパ活アプリやパパ活サイトを使って始めましょう

Twitterを使ってパパ活をしている人もいますが、自分のアカウントでするわけにはいきませんので、別のアカウントを用意しなくてはいけません。

2つのアカウントがあると、間違えて使ってしまうこともあり、Twitterでは相手の素性が分からないというのもあって、あまりおすすめしません。

パパ活アプリやパパ活サイトを利用するときに注意したいのは、しっかりと相手を見極めてから会うということです。

自分の望むパパ活と相手の望むパパ活が一致していないと、長続きしませんし、トラブルにあう可能性もあります。

パパ活サイトやパパ活アプリでも、体の関係を求めてくる人は大勢います。表面的にそうでなくても、あわよくばと考えている人がほとんどですので、きちんと目的や条件が一致する人を選んで会ってみましょう。

パパ活で稼ぐのに大切なのはコミュニケーション能力

パパ活を始めて、パパ候補になる人に会うまではそれほど難しくありません。

でも、そこはまだスタートラインです。安定して稼ぐようになりたければ、1回で終わらせることなくリピートしてもらう必要があります。

「でも美人ではないし、自分にそんな魅力があるとは思えない」という人もいるかもしれませんが、パパ活で大切なのは見た目だけではありません

むしろ、一緒にいて楽しいかどうかというところがとても重要になってきます。

だから、会った人とのコミュニケーションを大切にしましょう。

無理に盛り上げる必要はありませんが、誠実に向き合ったり、笑顔で話したりとできることはたくさんあります。

この人といると楽しいな」と思ってもらえれば、自然と会う回数も増えています。

最初は1人だけで精いっぱいかもしれませんが、慣れてきたらパパの数を増やすようにしてください。

お金持ちのパパでも見つけない限り、1人のパパからもらえる金額は限界があります。

1人に負荷をかけないためにも、徐々にパパを増やしていくようにしましょう。

パパ活をするにあたって気をつけること

パパ活で稼ぐようになると、たくさんのパパに会うことになります。

残念ながら、その全員がいい人というわけではありません。

トラブルになりやすい人もいますので、きちんと下記のような対策をしておく必要があります。

  • 本名を使わずに職業や住まいも設定する
  • 自分のキャパを決めて付き合う人数を決める
  • 線引きをはっきりとさせる
  • 一緒にいて楽しい人だけ継続していく

それぞれの対策について、詳しく見ていきましょう。

本名を使わずに職業や住まいも設定する

パパ活は自分の本名は使わずに、偽名を使うようにしましょう

パパ活アプリを使うときに、どこで知り合いに見つかるか分かりません。

パパと共通の知り合いがいる可能性も考えられますので、自分以外のもう1人のキャラクターを作って、その人になりきってパパ活をしましょう。

名前だけでなく、職業や住まいも別に設定しましょう

もちろん、その職業についてある程度の知識は必要ですし、住んでいる街もまったく知らないというわけにはいきません。

ですので、きちんとそれらについて調べておくことも大切です。

本名や実際に住んでいる街などが分かると、ストーカーされる可能性もあります

自分の身を守る基本として、パパ活を始める前にキャラクター設定を行っておきましょう。

自分のキャパを決めて付き合う人数を決める

パパ活に慣れてくると、徐々にパパの数が増えていきます。

そうなると、どの人と何をしたのかの記憶が混乱してきます。パパの数は多ければ多いほどいいと思われがちですが、大事なのは自分のキャパを見極めて、それ以上増やさないということです。

どれくらいがキャパオーバーになるかは人によって違いますが、前回会ったときのことを忘れたり、他の人と間違えたりしない範囲内に納めることが重要です。

記憶力に自信がないという人は、パパ活ノートをつけるなどして、きちんと1人1人と向き合えるようにしましょう。

線引きをはっきりとさせる

パパ活をしていると、相手によっては体の関係を求めてくることがあります。

ここでどうするかは人によって判断が分かれますが、自分なりの線引きを明確にしておきましょう。

パパ活を継続していきたいなら、体を求められたときにはうまく断ることをおすすめします。

それはもうパパ活の範囲を超えていますし、1人のパパだけに気持ちが向いてしまって、他のパパとの関係がおろそかになる可能性もあります。

断って関係が切れてしまうのがこわいという人もいますが、体を求めてくる人をつなぎとめておくメリットはありません。

そのときは関係を解消して、新しいパパを探しましょう

まとめ:パパ活で稼げるかどうかは努力次第

パパ活は健全なお付き合いというのがベースにあります。

実際には下心のある男性もいますが、女性に対して癒やしだけを求めている男性もたくさんいます。

そういう人たちにやすらぎを与えてお金をもらうのがパパ活の本質です。

そのためには、自分磨きもしっかりしなくてはいけませんし、男性が喜ぶような服装を研究するなど努力が必要になってきます。

でも、その努力がきちんと結果になって稼げるようになるのもパパ活の面白いところです。

最初は思うようにいかないことも多いかと思いますが、まずは安全を重視しながら経験を積んでいき、たくさんのパパからリピートしてもらえる素敵な女性を目指しましょう。